本文へ移動

Official Blog

RSS(別ウィンドウで開きます) 

職業評価体験記

2020-10-16
カテゴリ:リボン利用者様,リボン本八幡駅前校
NEW
職業評価体験記
2020年1月下旬に職業評価をしていただく予定をしており、数十ページにもわたるストレスチェックブックを幾日もかけて記入しました。
私は、何をするにしても、他の方より倍くらいかかってしまう障害を持っています。
しかしその後私は体調を崩し、この時の職業評価の話を、誠に不本意ながら不意にしてしまいました。
時は経ち、新型コロナ騒動が起き、約半年間職業評価の話は無くなってしまい、あきらめと不安が混ざっていました。
ついに2020年8月上旬、職業評価の話が持ち上がり、その説明会が8月下旬に決まりました。
その時私は、『職業評価とはどんなものなのだろうか?』『一体どんな事をするのだろうか?』と楽しみで『私の適職は何か』を知りたかったです。
 
当日説明会に行くと、そこには数組いました。
その説明会が終わると、記入用紙があり、一緒に説明を聞いていた方々は30分ほどで記入し終えていましたが、私は倍の1時間かかってしまいました。
その後、職業評価の担当者から今までの職歴や障害の状態などを聞かれました。
私は一生懸命つたない頭で考えながら、モゴモゴと応えてしまいましたので、次回からははっきり丁寧に応えようと思いました。
その説明会の時は、次回の期日は決めず終わりました。
1回目の職業評価は9月上旬に決まり、私1人で行く事になりました。
この時、私はこの職業評価が楽しみで、ワクワクドキドキして、一睡もできませんでした。
すると、検査をしてくださる担当の方が心配してくださいましたが、私は「大丈夫です!」と、はっきり答えました。
そして、1回目の職業評価に行くと、色々な能力評価をしていただきました。
そして、2回目の評価は9月下旬に行くこととなりました。
2回目も1回目同様、楽しみでワクワクドキドキして、2~3時間しか眠れませんでした。
2回目はタイムトライアル形式の課題を色々取り組みました。
実際、職業評価に行ってみたところ、意外と簡単な検査内容だと、私は感じました。
そして、いつ結果が出て、どんな職業が適職なのかを知る事が楽しみで仕方ありません。
また、私はいつ就職できるか不安と希望でいっぱいです。
しかし適職が分かれば、今後の就職活動にも反映でき、就職先が決めやすくなると信じています。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい
 
上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988  FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510  FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相談支援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151  FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------

私がリボンで得たもの

2020-10-09
カテゴリ:リボン卒業生,リボン葛西駅前校
私がリボンで得たもの
私は昔から仕事をすることが好きでした。仕事が辛かった記憶も特にはありません。ところがメンタルの病を発症し、仕事が出来なくなりました。
 
今思えばオーバーワークだったと思います。しかし当時は原因もわからないまま、とても長い年月つらい療養期間を過ごしました。そしてようやく体調が安定して主治医に就職したいと告げた時に勧められたのが、就労移行支援でした。
 
この時に初めて就労移行支援というものを知った私は、地域の保健士さんに相談し、近隣の事業所の中から問い合わせをして見学・体験を経てリボン葛西駅前校に通所することになりました。
 
最初は何もわからず、自分の障害についてすら知らなかったのですが、授業がきっかけで私は発達障害だったと知ることが出来ました。それから特性を調べて対策を考え、今は前より少しだけ生きやすくなったように思います。
 
私にとってリボンで過ごした日々は、自分と向き合い自分を知ることでした。
 
リボンでは様々なことを学びました。パソコンやビジネスマナーなどの知識や、ディスカッションや清掃、内職などでは利用者の皆さんと話し合ったり協力したり、実践的なコミュニケーションも学びました。
 
そしてリボンを利用し始めて10か月を過ぎたあたりから、就職活動を始めました。面接会や実習面談会などへ積極的に参加し、求人検索をして気になった企業はハローワークへ相談に行き、見学や書類応募もしました。
 
しかし就職活動は難しく、思うようにいきませんでした。10社以上落ち、不採用に次ぐ不採用に心が折れそうになり、本当に就職できるのかとても不安でした。
 
新型コロナウイルスの影響で活動できない期間もあり諦めそうになりましたが、挫けずに活動を続けた結果、この度ご縁があり希望していた事務職で就職することが出来ました。諦めなくて良かったと心から思います。
 
リボンは個々に合った支援をして下さる事業所です。私が就職することが出来たのは、何かあればすぐに相談にのって下さる職員さんのサポートがあってこそだと思います。本当に感謝しています。
 
学び取ろうという意識があれば気づけることは沢山ある。私はそう感じました。結果的にそれが就職に繋がったのだと思います。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい
 
上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988  FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510  FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相談支援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151  FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------

リボンを卒業するにあたり

2020-10-01
カテゴリ:リボン卒業生,リボン本八幡駅前校
リボンを卒業するにあたり
こんにちは!リボン本八幡駅前校スタッフです。
就職が決まり、10月から勤務開始された利用者様にブログを作成していただきました!
ぜひご覧いただけたら幸いですm(__)m
 
〇リボン本八幡駅前校 元利用者K様〇
 障害を持ってから、立ち上がるのに、結構、時間を費やして、丸々四年と言いう月日が流れました。
 たまたま、障害を持つ以前に、E.キューブラー・ロスという精神科医の本を読んでいて、人はいずれにしても、障害を受容していける物だと、理屈は分かっていても、いざ、自分の身にそのことが、降りかかると、容易く受け止めるれものではないと知りました。
 最初の一年は家の外に出て行く事も出来ず、次の年からは、近くの宅幼老所でボランティアをして、少し自信を取り戻して…
 それから、ハローワークの担当者の方から、就労移行支援事業の事を教わりリボンに通うことで、立ち止まっていた歯車が少しずつ動きだしたように感じています。
 明けない夜は無い、とも言われますが、自分が弱くなっている時に、まさに語源にある“付き添う”という態度で支えて頂いたセラピストの方たちに、心からの感謝を示したいと思っています。
 これからも、順風満帆というわけには行かないかと思いますが、こんな、話を聴きました…
「大丈夫という字は、三人いるから、だいじょうぶ、なんだと。」
漢字を分解すると、それぞれに、人の字が隠れていて。
一人目は自分、二人目は援助しくれる専門家、三人目は家族だったり友だちだったり。
だから、大丈夫なんだそうです。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい
 
上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988  FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510  FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相談支援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151  FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------

祝日開校『KYT体験』

2020-09-24
カテゴリ:授業の様子,リボン葛西駅前校
皆さん、突然ですが『KYT』という言葉をご存知でしょうか。

9月22日は祝日ですが、リボン葛西駅前校では祝日講座として『KYT体験講座』を行いました。
時間割に記載されている「KYT」という言葉を見て、利用者の皆さんからは
「空気読めない教師(ティーチャー)」
「鹿児島読売テレビ」
…など様々な推測が挙がりましたが…

正解は「危険予知トレーニング」と呼ばれるものです。
 
危険予知トレーニングの頭文字をとって「KYT」と略されることもあるため、今回このようなタイトルの講座としました。

KYTは製造業などの作業現場において、労働災害を未然に防ぐために行われるカイゼン活動の一つです。最近では、作業現場にとどまらず、医療現場や事務の現場においてもこのような活動を通して社員が安全に勤務するように教育することが行われています。
 
今回はこの「KYT」に参加者の皆さんと一緒に取り組んでみました。
題材は「配置換えの際の机の移動」「鉄素材の研磨作業」の2つの場面でした。
 
最初は個人で考え、その後はグループに分かれて意見を出し合っていただきましたが、皆さんそれぞれの経験を活かしながら意見を出し合うことができていたと思います。
 
今回取り組んだ「KYT」を今後の生活や職場での安全確保に活かしていただければ幸いです。
 
※今回授業で資料した画像は、すべて㈳安全衛生マネジメント協会のホームページにおいて無料で公開されているものを利用しました。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい
上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988  FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510  FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相談支援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151  FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------

総合リハビリ研究所 市川サテライトの清掃実習について

2020-09-18
カテゴリ:リボン利用者様,リボン本八幡駅前校
総合リハビリ研究所 市川サテライトの清掃実習について
9月に入ってしばらく経ちますが、やっと涼しさを感じるようになりました。
リボン本八幡駅前校に通われている利用者様の中に、実際の仕事場面を経験することや体力をつけることを目的として、系列会社である「総合リハビリ研究所 市川サテライト」の清掃実習に行かれていらっしゃる方がおります。今回はその方々にインタビューをしてみました!

Aさん
Q.実際に清掃実習をやってみて、どんなことが大変ですか?
トイレ掃除が大変です。トイレが狭いので、自分の体をうまく使うのが難しいです。掃除自体は好きなので、覚えるまでは大変だったけれど、覚えられるようになってからは楽しいです。
Q.大変なことに対して、どういう風に克服しようとしていますか?
トイレの床掃除がうまくかがめず大変なので、壁を支えにして出来るだけかがめるように工夫しています。また、先に大変なトイレ掃除を行うようにしています。
Q.取り組んでいて勉強になることや、プラスになる部分はありますか?
最初は緊張していたけれど、慣れてきた時に職員の方に「ありがとう」と言われたのは嬉しかったです。あと、掃除の仕方が分かるようになるのは勉強になります。もともと人と接するのは苦手なのですが、職員の方と少しずつ慣れてくると、しゃべれるようになってきました。
Q.この体験を通して、将来のどんなことに繋げたいと思いますか?
お菓子作りなどが好きなので、将来はそのような道に進みたいと思っています。人と接することが大切だと思うので、今、その練習ができているのは良い学びになっています。

Bさん
Q. 実際に清掃実習をやってみて、どんなことが大変ですか?
スタッフの方の邪魔になってしまうところに清掃に入るのが難しいです。
「失礼します」とどのタイミングで言えばよいのかが悩みどころです。
Q. 大変なことに対して、どういう風に克服しようとしていますか?
慣れるしかない、と思っています。
Q.取り組んでいて勉強になることや、プラスになる部分はありますか?
体力はつくと思います。トイレ掃除で四つ這いになったり、天井を拭いたりすると、自分にとっては厳しい姿勢だけど、こわばった筋肉や関節が伸びるような気がします。また、リボンの外で仕事が出来るので、気晴らしになります。また、取り組むことで「横着してはダメだな」と痛感しています。例えば、玄関の部分に室内スリッパで入ってしまった時には指摘をされました。横着はよくないですね。
Q.この体験を通して、将来のどんなことに繋げたいと思いますか?
掃除の仕方を覚えて、自分の家をきれいにしていきたいと思っています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい
上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988  FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510  FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相談支援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151  FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------

最新ニュース

最新ニュース

株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る