本文へ移動

Official Blog

RSS(別ウィンドウで開きます) 

卒業式の準備を担当して

2019-03-06
カテゴリ:リボン利用者様
2月8日。めでたく就職が決まり、リボンを卒業される方の卒業式を行いました。
 
何をするかアンケートの結果で多かった意見とご本人の意向を合わせて『みなさんでパンケーキを作り、食べながら談笑する』に決まりました。役割に分かれて準備をする事になり、私はパンケーキの係になりました。
 
 
短い期間で出来ることとやるべきことを探りつつ、思い付く限りの必要な下準備と当日の手順の流れなどを職員さんと相談しながら進めて、買い物リストや用具リスト、作業分担表なども作りました。やり始めてから、意外とやることや考えることが多いと気付いて焦りましたが、元々そのような、自分で考えて行動するということが好きなので、全く苦ではありませんでした。
 
 
それぞれが工夫を凝らして準備を重ね迎えた当日。

パンケーキのレシピや作り方の手順を把握しているのは私だけでしたので、みなさんに色々とお願いして回っていました。至らない点も多かったと思います。それでも快く協力して下さったみなさんのお陰で時間内に作り上げることが出来て、肝心の食べながらお話する時間を削らずに済んだことにホッと一安心しました。
 
 
パンケーキは本格的なものを作りました。

卵白と卵黄を分けてメレンゲをボール三個分も作り、生地も市販のものではなく小麦粉とベーキングパウダーで作りました。トッピングは生クリームやチョコレートスプレー、アーモンドスライスなどの甘いものだけではなく、ハムやチーズ、ツナも用意して、好きに選べるようにしました。
 

メレンゲや生クリームに苦戦するなど大変でしたが、なかなか好評だったので良かったです。特にフルーツの缶詰を小さく切ったものが人気だったようです。
 
 
サプライズでお渡しする寄せ書きの色紙をお洒落で素敵に仕上げた色紙係、質問を募り談笑タイムを盛り上げたお話係、全体の進行を取りまとめた司会係の方々はもちろん、当日にホワイトボードを華やかに飾ったり、パンケーキの生地やトッピングの準備、ホットプレートで焼いたり人数分に配ったり…全員で協力して1つのことを成し遂げられて、とても良い経験をさせて頂きました。なにより、主役の卒業される方が笑顔で「楽しかった」と言って下さったことが、本当に嬉しかったです。
 
 
普段の授業とは違った学びと気付きを得られた、貴重な体験でした。
 
 
【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
-------------------------------------------------------

    初めての土曜開校に参加して

    2019-01-29
    カテゴリ:土曜日の部活動,リボン利用者様
    1月の土曜開校日は2回あり、1回目の12日は映画鑑賞の日と題して、私たち利用者、リボンのスタッフ及びリボン卒業生数名で『ディズニー/ピクサーの感動の冒険ファンタジー!』の『インサイドヘッド』を観賞しました。

    私は、初めての参加なので、少しの不安と好奇心がありましたが、スタッフとリボン卒業生の方も来校していて、準備万端の体制で迎え入れてくれました。映画を見る前に、参加者でポップコーン作りに挑戦しました。映画館の売店にある、本格的なポップコーンメーカーで卒業生の方が積極的に作り方を実践してくれました。機械の中でコーンが弾ける音、教室内に漂うバターの香り、湧き上がる出来立てポップコーンを見て「次は君が作る番だよ」と会話ができ、盛り上がりました。各自好みの味付けをしました。【コンソメ・カレー・わさびじょうゆ】 

    私は「わさびじょうゆ味」に挑戦しましたが、適量の分量が分からなく微妙な味わいになりました。参加者でポップコーンを交換し合い、バター味からブレンドした味を味わいましたが、私にはポピュラーな塩味が一番合うなと感じ次回は味付けの冒険は止めようと思いました。

    映画の内容は、ママとパパに見守られて元気いっぱいに育った11才の少女ライリーの、頭の中にいる“5つの感情たち”『ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミ』が、少女ライリーの行動・感情をコントロールするお話でした。自分の頭の中もこんな感じかなという思いや、子ども達はどう受け止めるか、“考えながら”はらはら・どきどきのひと時でした。

     今回、参加者の会話も弾み、普段と違う体験が出来ました、今後も積極的に参加したいと思います。
     
     
     
    【この記事に関するお問合せ】----------------------
    株式会社 リボン
    事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
    ■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
    〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
    TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
    ■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
    〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
    TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
    ■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
    〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
    TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
    -------------------------------------------------------

      人の紹介を見聞きしていて感じたこと ~他己紹介を行って~

      2019-01-21
      カテゴリ:リボン利用者様
      先日、授業の中で「他己紹介」なるものを行いました。
      他己紹介とは、まさに自己ではなく他の人を、まるで自分のことかのように紹介することで
      はじめに2人あるいは3人の組み合わせで発表となり、土台となる発表項目についてあれやこれやインタビューをしていきます。
      インタビューのしやすい人もいれば、寡黙でなかなか言葉が出てこない人もいました。
      しかし、寡黙な人は、時々出てくる言葉、特に自分の得意なことや好きなことについての言葉を聞き逃さず、そこから質問を広げていくと、いろいろ話してくれました。
       
      以下、2回にわたっておこなわれた他己紹介の授業について、思ったことを書きたいと思います。
       
      他己紹介となると相手のことを良く知らなければならず、それまでにあまり話をしたことが無い相手だったりすると自分の作った内容で相手を不快にさせてはいけないというのもあり、少し気を使って作り上げました。

      他の方を拝見ていると、はじめに聞くように指示された質問内容を淡々と読み上げている方が大半でしたが、
      多少のエピソードを交えてお話されている方もいて、そこから派生して紹介されている方への質問が生まれたりしておりました。
      私にはあまり無い発想で質問が出ていたりもしていて中々興味深かったです。
       
      普段一緒にいても名前の由来など、あまり聞く機会の無いお話もたくさんの方々から聞くことができました。
      個人的にも楽しかったと思いますし、相手への印象も変わって来るところがあり、有意義な時間になったと思います。

      他己紹介として人に紹介されたことに対して質問を受けるのも難しい面はあったかと思いますが、
      思わぬところから質問が出てきていて私とは違った考え方をお持ちの方も沢山いらっしゃいました。
      どのような発想をしたらそこにたどり着くのか分からないような質問を投げかけている方もいて、改めて十人十色なのだと感じました。

      最初に他己紹介をすると聞いたときには、個人的にはもっとしっかり相手をプレゼンしなければならないのかと悩みました。
      しかし、いざ、ふたを開けてみると、思っていたほどに堅苦しく考える必要が無く、自分が取り越し苦労をしていたのだと分かりました。
      そのような感じだったので、予想以上に和気あいあいと物事が進んで行き、普段一緒にいる人達のことを深く知ることができたと思います。
       
      今回は機会があって沢山の人達の意外な一面を知ることができました。まだまだ沢山知らないことはあると思うので色々と探っていけたらと感じました。
       
      【この記事に関するお問合せ】----------------------
      株式会社 リボン
      事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
      ■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
      〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
      TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
      ■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
      〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
      TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
      ■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
      〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
      TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
      -------------------------------------------------------

        一足早いクリスマスとお正月体験

        2018-12-21
        カテゴリ:リボン利用者様
        12月8日土曜日の開校日に、利用者の方と職員の方数名で、前半はクッキーとポップコーンを作り、後半は年賀状とレジンを使ったヘアアクセサリーを作りました。
         

        まず、クッキー作りをするグループとスーパーにポップコーン用のコーンと袋を買いに行くグループに分かれ、私は買い物に行きました。
        周辺のスーパーの品揃えから、リボンの周辺の住民の方々の買い物事情を少し見ることができ、興味深い体験でした。
         
        ポップコーン作りでは、本格的な機械を使い、その機械の中でコーンが弾けていくところを見て、遊園地にいるときのような楽しい気持ちになりました。
        クッキー作りは、生地をちぎって丸める工程に参加して、ちぎる分量が難しいと思いました。
        どちらも美味しくでき、利用者の方と職員の方でテーブルを囲んで食べた際の雰囲気は、一足早いクリスマスパーティーのようでした。
         
        後半は、年賀状作りをするグループとヘアアクセサリーを作るグループに分かれ、私は、年賀状を作りました。
         
        年賀状は、年賀のスタンプとシール、さらにレンコンとピーマンの輪切りに絵の具を塗って押す野菜はんこを使い、利用者の方それぞれ、カラフルな年賀状が出来ました。
        レジンという樹脂素材を使って作ったヘアアクセサリーを作ったグループでも、細部まで細かく作りこまれた綺麗なヘアアクセサリーが出来ました。
        作った利用者の方は、今も使っていらっしゃいます。
         
        その日は、いつも授業を受けている場所で、いつもとは違った体験が出来て、楽しかったです。
         
         
        【この記事に関するお問合せ】----------------------
        株式会社 リボン
        事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
        ■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
        〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
        TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
        ■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
        〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
        TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
        ■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
        〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
        TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
        -------------------------------------------------------

          生活講座の授業について

          2018-12-18
          カテゴリ:授業の様子
          こんにちは!
          リボン本八幡駅前校では、授業の中で「生活講座」という授業があります。
          そこでは日常生活で取り組める健康に関することや身体のメンテナンス方法、病気の説明・予防するための方法などを含めてお伝えしています。
           
           今回はこういった内容を授業でお伝えしました。
          ご利用者様から、「なかなか睡眠が取れない」「寝付きが悪い」「いっぱい寝たけど寝た気がしない」という声をよく聞きます。
          このような状況になると、日常生活はもちろんですが、仕事やプライベートなども活気良く過ごそうとしても身体、気持ちがついていかないことがありませんか?
          そんな状況を少しでも打破できればと思い「質の良い睡眠をとるため」のお話をしました。

           ご利用者様から頂いた声に対して、皆さんが日頃ちょっとした工夫や取り組みでできることについてお話しました!
          『食事の取り方』『どんな飲み物がより睡眠を良くするのか』『お布団の掛け方』『電気器具の使い方』『入浴方法』などをお話しました。
          ご利用者様の中には、当日早速取り組んでくださった方がいました。
          実際に取り組んでみてその効果をお聞きすると、「身体が温まり朝までぐっすり眠ることが出来ました」と嬉しいお言葉を頂きました。
           
           ご利用者様に就職に向けての健康づくりの手助けや方法などをお伝えできればと日々お話させていただいています。
          ご利用者様も就職に向けてご自身の体調管理に気を付けて日々取り組まれています。
          また、ご自身では「どうしたらいいのかわかない」と悩まれている方もスタッフと一緒にどうしたらよいのか考えアドバイスをし、
          実際に取り組まれ体調管理に気を付けています。
           
          身体は人生の資本です。
          是非皆さんも『睡眠の質』を上げ、より良い一日を過ごせるようにできることから取り組んでいきましょう
          ヽ(^o^)丿
           
           
           
           
          【この記事に関するお問合せ】----------------------
          株式会社 リボン
          事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
          ■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
          〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
          TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
          ■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
          〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
          TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
          ■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
          〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
          TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
          -------------------------------------------------------

            最新ニュース

            最新ニュース

            株式会社 リボン
            〒272-0021
            千葉県千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
            TEL.047-335-6510
            FAX.047-335-6513
            1.就労移行支援事業所
            2.相談支援事業所
            TOPへ戻る