本文へ移動

Official Blog

【気分障害の障害特性について】第4話 ―「孤独感」と「出会い」-

2018-06-21
カテゴリ:リボン利用者様
オススメ
こんにちは。「うつ病」という精神障害を持つ私です。
 
私は、かつての職場では、実にたくさんの人と出会い、そして仕事をしてきました。
しかし、私が「うつ病」という精神疾患にかかり、以前のように仕事ができないことが分かると、
たくさんの人があっという間に私から離れていきました。
 
それは、すごくショックでしたし、何より「孤独」を痛感させられる出来事でした。
 
それからは、私は常に状態が良くても悪くても、「孤独」というものを強く感じてきました。
「社会で誰からも必要とされていない、自分が一番孤独なんだ」そんなことばかり考えて過ごしていました。
 
「孤独」は、日中一人で寝込んでいる時に、特にひどく湧き上がってきて苦しく、つらいものでした。
この「孤独」という言葉には、本当に一人だけでいる、状況としての「孤独」と
一人だけ置いていかれているような感情の、いわゆる「孤独感」の2種類があるように感じています。
私の場合、たとえ家族が側にいても、友人たちといても「孤独感」に苦しんできました。取り残された感覚を持っていました。
この「孤独感」は体調が悪い時ほど、どんどん湧き上がってくるように噴き出してきて体調をさらに悪くするものです。
抑えようと思っても抑えることが難しいやっかいなもので、健常者の方には、中々理解しづらい部分でもあるかもしれません。
そんな日々の中で、私は考えてみました。
今、私が感じている「孤独感」って何だろう。
確かに、この「孤独感」は寂しいし、何より体調的につらいし、苦しいものです。
 
しかし、「孤独感」を感じている中で、私は、唯一いつでも必ず側にいてくれた存在を徹底的に探してみました。
見つけたのは、「大嫌いな」私自身の「心」でした。
 
「大嫌い」だけれども、「孤独感」を紛らわしたくて私自身の「心」に問いかけてみました。
最初は何も答えてくれませんでした。でも問い続けていきました。
すると、ある日私の「心」が「他の誰でもいい、この苦しさを伝えて」と返してきてくれたような瞬間がありました。
この「自己内対話」が、「孤独感」から始まったというのは意外な発見だったように感じています。
そして、私が次に「孤独感」を紛らわすために行ったのは、本当の意味での味方作りでした。
 
いのちの電話相談に始まり、区役所の相談窓口、地域生活支援センター、そして、保健所や病院。
それから、障がい者就労移行支援事業所リボン。
もちろん、家族の存在も大切でした。
それぞれへ片っ端から連絡して自分の思いをぶつけました。
何とかして「孤独感」から抜け出したくて自分の思いをぶつけました。
みな、それぞれのやり方で真摯に私の話しを聞いてくれました。
 
色々な場所で話を聞いてもらうと、やがて、私以外にも、同じように「うつ病」で
苦しんでいる人がいるんだなと感じるようになりました。
 
ただ「孤独感」を紛らわすだけでもいいと思います。
苦しい体調を話すだけでもいいと思います。
そんな相談できる場所を見つけて下さい。
それは何か所あってもいいと感じています。
 
最後に、私の「出会い」についての思いを記して今回は終わりにします。
「出会い」って色々あって、冒頭に述べた私の仕事での「出会い」は
本当の意味での「出会い」ではなかったように感じています。
人生で本当の「出会い」の数というのは決まっているようにも感じています。
 
現在、「出会い」がなく「孤独感」に苦しんでいるあなた。
本当の大切な「出会い」はこれから必ずやってきます。
その数が、他の人より少なく感じて、「孤独感」ばかりが強くなっても大丈夫です。
大事なのは、あなたが、これから迎える「出会い」です。
あなたを「孤独感」から少しでも楽に感じさせてくれる「出会い」です。
それを大切に、宝物にしてください。
 
そして、周りをよく見まわしてみると、
以外にあなたのそばにそんな「出会い」はあるのかもしれませんね。

あなたのペースで少しずつやっていけば大丈夫です。
立ち止まっても、後ろに下がっても、また始めれば大丈夫です。
気分が良い時に少しずつでもよいので試してみると
良いかもしれませんね。
無理せず、自分のペースで、ゆっくりと・・・
 
1.まえがき
2.減点式から加点式の人生(2018.6.15 公開)
3.しなければならない→できる人生2018.6.17 公開
4.調子の波と付き合う人生2018.6.19 公開
5.孤独感との出会い2018.6.21 公開
6.結果より大切なもの2018.6.23 公開
7.リボン以外の過ごし方2018.6.25 公開
8.おわりに2018.6.27 公開
 
【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
-------------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る