本文へ移動

Official Blog

【気分障害の障害特性について】おわりに ―あなただけの「人生のペース」―

2018-06-27
カテゴリ:リボン利用者様
オススメ
こんにちは。「うつ病」という精神障害を持つ私です。
 
これまでお話しさせて頂いたように、「うつ病」と上手く付き合うために何より大事なのが「根気」です。
自分にあった考え方、やり方を模索する中で、何度も調子を崩すこともあると思います。
あきらめたくなる気持ちとの間でもがき、自分の「心」、脳との根比べでもがく。
いつ結果が出るか分からないので、つらく、苦しく感じることでしょう。
 
だからこそ、あきらめない「根気」が大切なのだと、改めて感じています。
「根気」強く、あきらめることなく思考を続けていくと、物事の捉え方がそれまでの悪く捉える古い癖から、
新しい癖が上書き保存されるように変わってきます。
 
すると、気がつかないうちに、自分自身の中に「自信」や「自己を認める力」が少しずつついてくると感じています。
やがて、自分自身の「心」の中に「芯」のようなものができてくるような感覚になりました。
その「芯」とは、今まで数多く悩み、もがいてきたからこそ得られる「自分のお守り」のような存在かもしれないと考えています。
その「芯」は、思考を続ければ続けるほど、強く、太くなって、簡単には折れないように感じています。

私が、今まで紹介させて頂いた事柄は、全て「心」の「芯」を作ることにつながるような気がしています。
それは「新しい自分」を作ることと同じ意味なのだと考えています。
私の場合、リボンで過ごす時間を使って、この「新しい自分」をとことん徹底的に、
そして、丁寧に作り上げることを心がけています。
 
「新しい自分」を作り上げていくうえで改めて大切なのが、自分のやり方を、自分のペースで続けることです。
私は、よく「マイペース」や、体調について「ぼちぼち」という表現を使います。
実は、この「マイペース」「ぼちぼち」という言葉には「人生のペース」という意味も含まれています。
そのペースを見つけるのは、他の誰でもない自分自身だと感じています。
 
「うつ病」に苦しんでいる方が10人いれば10人の「人生のペース」があると考えています。
他の人と比べて、「人生のペース」が遅いように感じても大丈夫です。
他の人と比べて、「人生のペース」が落ちて2歩でも3歩でも下がっているように感じられても大丈夫です。
大切なのは、あなたが見つけた、あなただけの「人生のペース」で進んでいくことです。
 
振り返ると、私がこれまで悩み、もがいてきた全てが、「人生のペース」を把握する手がかりになっているように感じています。
社会に出ると、仕事に追われ、人間関係で悩むこともあるはずです。
リボンで流れている時間より、はるかに速いペースで物事が進んでいくと思います。
これは、社会に出て感じる「社会のペース」ですね。
 
「うつ病」を患った私は、その「社会のペース」に翻弄されて、体調を崩し会社を退職しました。
そこで、大切になってくるのが自分の「人生のペース」です。
「人生のペース」を理解していれば「社会のペース」と比べて、どれくらい速いのか、それとも同じなのか、遅いのか、
一つのものさしになって判断できる気がしています。
そして、「人生のペース」と「社会のペース」を調整することも可能なのではないかと感じています。
時には、立ち止まる勇気を持てるのではないかと感じています。
 
改めて、私から伝えたいことがあります。
「うつ病」とうまく付き合うために、
悩み、もがき、つらく、苦しい思考の積み重ねは、必ずあなたにとって無駄になることはありません。
全て、これからの人生の中で大切な経験、財産になると考えています。
 
最後に・・・。
 
あなたの健康を何より大事にして下さい。
その次に、あなたの家族を大切にして下さい。
仕事は順番をつけるなら最後の最後で問題ありません。
あなたの健康はあなただけの大切な存在です。
あなたが健康でいられれば、きっと家族は笑顔にあふれるでしょう。
しかし、仕事や会社は星の数ほどあるのですから。
あなたのペースでやっていくことを願っています。
ゆっくりでも、立ち止まっても、続けていくことを願っています。
 
大切なのはあきらめないことです。
 
時間はかかっても、必ずあなたの「心」は応えてくれます。
「うつ病」と上手に付き合っていくことができます。
いつか必ず、カメラのピントがぴったり合うように世界が色づいて見える瞬間が現れます。
そんな瞬間があなたに訪れることを、心から祈っています。
最後まで長い時間を頂き、本当にありがとうございました。
 
1.まえがき
2.減点式から加点式の人生(2018.6.15 公開)
3.しなければならない→できる人生2018.6.17 公開
4.調子の波と付き合う人生2018.6.19 公開
5.孤独感との出会い2018.6.21 公開
6.結果より大切なもの2018.6.23 公開
7.リボン以外の過ごし方2018.6.25 公開
8.おわりに2018.6.27 公開

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
-------------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る