本文へ移動

Official Blog

自分なりのリカバリー

2019-05-29
カテゴリ:リボン利用者様
リボンでは今日も変わらず、3~4限目の個別トレーニングの時間を利用して各々就業のためのトレーニングを行っています。
 個別トレーニングはさまざまな種類のものがあります。
皆さん一日一日ひとつの項目をこつこつ行い、がんばっております。
自分も仕分けやアスクル注文票などピッキングの訓練を行っております。
 リボンに来所するまで、自分は福祉的環境に長くいて、守られながらも、でもなかなか自己決定のできない自分がいました。
 「こうだからああ、ああだからこう」という状態そのもので、どう抗っても抜け出せないような袋小路に迷い込んでいました。
その頃、担当してくれた保健師さんからは「病気がある人はずっと薬を飲みながらこのまま生きていくしかない」とその他にもっと強いことも言われました。
いつしか何事もまわりに委ねることが多くなり、自分の意思が薄弱となっていきました。
 自分が20代頃、「普通に働いて結婚がしたい」と親に言いました。
当時はまだ就労移行支援事業所という場がなくて、今のような環境ではありませんでした。
親は「そういう時代が必ず訪れるから希望は捨てないで待とう」と、私が「働きたい」というたびに繰り返し言ってくれました。
 実はリボンへ通所する前、別の就労移行へも通所したことがあったのですが、自分の中でマッチングができず退所させていただきました。
 就労移行が少しずつ認知されてきた時期でした。
それから、7年が経過してリボンへ通所することとなりました。
 私はいつもなにかに理由をつけ、意味を見つけることに躍起になっていたのかもしれません。
頭で考えてばかりいて、なにかを行動せず、意味もない理由で自分のことを諦めていた自分。
以前は意味のない理由ではなかったのかもしれないけど、当時の自分には自分を支える唯一の理由、砦だったのかもしれません。
 ですが、今はこうしてリボンにもご縁があり、通所させていただいています。
自分なりの風景を見て、自分なりの風を感じながら、自分なりの日々を過ごすことが今は一番楽しいです。
誰でもない自分と、まわりの人たち…みんなそれぞれの挫折とリカバリーを繰り返し日々を送っているのかなと思ったりしています。
 自分なりのリカバリー、私はそれでいいと思います。
 
【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
-------------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る