本文へ移動

Official Blog

「関わりと自分」

2019-08-08
カテゴリ:リボン利用者様
 私の病名は統合失調症です。
診断されたのは15才のころ、多感な時期でした。
診断されたときに大きな病院の待合室で母と心細い思いでいました。
症状は主に被害妄想でした。
誰かが自分の悪口を言っているとか、笑っているとか、噂をしているとか…そういう感じでした。今はお薬も調整されたので、ずいぶん軽減されました。
敏感な時期と自分の性格も相まってか、当時は本当に良くなるのか不安でした。
 若いころ、東京都立梅ヶ丘病院の思春期病棟(今はもうありません)という病院に入院していました。ひきこもりがちだったことが両親の不安の引き金であったこともあったと思います。強制入院という形で入院しました。
そこでは同じ年代の患者さんがいて、対人関係において免疫のなかった私が慣れることは容易なことではありませんでした。
つらい、悲しい、苦しい、逃れたい…キーワードとしてはそんな感じです。
 ですが、生きていかなければなりませんから。
どう形容していいのかは判りませんが、あるとき何かに欲動されるように走り始めたときがありました。軽い躁状態たったのだと思います。それは30代ころだったと思います。
相反する気持ちの中で苦しさにもがきながら、今までの関わりを恨んでみたり、親につらくあたったりしていました。
 けれどもそれは、自分の内側にある気持ちであって、どうにかできる感情ではないなと気づいたのは40代になってからでした。
 実は2年ほど前に入院していたのですが、そこでの関わりで学ぶことがたくさんあり、気づきもたくさんありました。
言葉ではうまく表現できませんが…。
 自分のことを肯定することはとても難しいです。
ですが、自分のことを信じて自分と真剣に関わってくれる人たち。
それを受け入れる自分。そうやって人と関わりたいと私は思っています。
 リボンの授業でも、「素直になること」を教わっていますが、今はその通りだなと思っています。
 
【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
-------------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る