本文へ移動

Official Blog

リボンを使用してみて

2020-01-22
カテゴリ:リボン利用者様
皆さんこんにちは。
 
リボンでは年が明けてからしばらく経ち、
正月明けからすっかり普段の日常の風景となってきました。
 
今回は現在リボンをご利用いただいているご利用者様が、リボンを利用するに至った経緯や、現在どのようなことに取り組まれているかについて教えてくださいました。
 
 
*************************************
 

「自分には場面緘黙症、双極性障害など、複数の障害があり、就職したくても自力では何が出来るか分からない。どうすればいいか?」、小学校時代仲が良かった友人にそう相談したとき、就労支援センターというワードを教えてもらいました。すがる思いで検索して、辿り着いた先が、リボンでした。

 

 リボンを、平日週5日間利用しています。リボンでは、基礎的な学力や体力をつける時間や、ディスカッションの練習と実践、動画や、新聞記事の切り抜きを読み必要な情報を書き出すこと、社会的技能のトレーニング、ビジネスマナーの座学と実技、就職に必要な知識の習得、ゲームを通じたコミュニケーションの実践、清掃、パソコンの基礎・応用、タイピング速度の測定など、多くのことに取り組んでいます。障害の症状により言葉を発することができないため、筆談を用いて、日々試行錯誤しながら、毎日を過ごしています。

 

 リボンで学んだことは、「相手を思いやる気持ち」です。筆談を用いたコミュニケーションをする上で、相手を待たせないこと、自分が何を考えているか、相手にどうして欲しいのかを瞬時に判断して、行動に移すことを考えることが、相手とのより良いコミュニケーションにつながります。自分の考えに自信が持てなければ、それをやり遂げることは出来ません。毎日やっていても出来ないことの方が多い難しい作業です。しかしそれでもそのことを意識しているのは、相手を思いやる気持ちが仕事をする上で必要であるからだと考えます。

 

 リボンでの就職活動は、自分の出来ること、やりたいことの2つと真正面から向き合うことから、始まりました。出来ることは、あまりコミュニケーションを取らない作業や清掃、やりたいことは、コミュニケーションを密に取る医療・介護・保育。矛盾しているように思い、悩むこともありました。その中で、介護保育の企業見学をして、その難しさを学び、できる事は何かを考えました。最近では、求人検索をして、出来る事とやりたいことの両方ができる求人を見つけ就職することのイメージを膨らませている途上です。

 

 リボンに通っていて日々思うことは、様々な障害・病気を抱える利用者とコミュニケーションすることの難しさです。筆談することは、他人に読んでもらうこと、代読してもらうことを常に考える必要があります。ただ読んでもらうだけではなく、その相手への紙の渡し方見せ方、具体的には、麻痺や視野に合わせること、読みやすいように振り仮名をふること、大きく書くことなどを工夫することの重要性を知りました。リボンでの学び、「相手を思いやる気持ち」を感じています。

 
 
【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151 FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る