本文へ移動

Official Blog

特別支援学校卒業後、リボンを利用されたA様の就職活動【後編】

2020-11-13
カテゴリ:就職活動,リボン利用者様,リボン葛西駅前校
オススメ
皆さん、こんにちは。
最近は秋晴れもしてきて気持ちがいい日が続いていますね。
 
今回は前回の記事に引き続き、A様の就職活動について、インタビュー形式で振り返ってみたいと思います。
 
************************
 
<リボンを利用したきっかけ・利用初期について>
スタッフリボンはどのような形で利用することになったんでしょうか?
 
A学生のときに実習でリボンに行きました。それで就労移行というものを初めて知りました。進路を決めるとき、まだ体が弱くて、このまま働くのはまだ早いかなって。お母さんから「まずは就労移行で社会に行くために勉強してからの方がいいんじゃない?」と言われてリボンに行くことになりました。
 
スタッフリボンを利用し始めたときはどんな気持ちでしたか?
 
A支援学校とは全然違うところだし、授業も違うと思いました。学校でいう体育とかがないし、授業は社会につながるものばかりでした。
最初は同じ学校の卒業生もいたけど、周りにいるほとんどの人が初めての人ばかりで、年も違うし、慣れなかったです。
 
 
<リボンでの授業について>
スタッフ授業はどうでしたか?
 
A最初はわからないことだらけでした(笑)
就職準備講座やディスカッションの授業が特に勉強になりました。
 
スタッフ就職準備講座はどんなものが勉強になりましたか?
 
A履歴書(作成)ですね。最初は志望動機とか自己PR、自分の障害についてどう書いたらいいかわからなかったけど、授業を受けて少しずつわかるようになりました。
 
スタッフディスカッションはどんなところが勉強になったのですか?
 
A障害について発表する授業が特に勉強になりました。他の人がどんな病気をもって、どんな障害を持っているかを知ることができて勉強になりました。
あとはコミュニケーション(ゲーム)の授業もみんなでゲームをしたりして楽しかったです。
パソコン講座も、自分は苦手でしたけど、少しでもいろんなことを学べるんじゃないかと思って取り組んだ授業でした。
 
<就職活動について>
スタッフ:就職活動はどうでしたか?
 
A最初に企業見学に行ったA社、あとはB社、C社…
 
スタッフたくさんの企業に見学にいったり、実習に行ったりしましたね。
 
Aはい。あとは面接行ったりして落ちたところもありましたね。
実習ではC社(事務作業)の実習が一番大変でした。特にパソコンを使った作業が大変でしたね。
 
スタッフ確かその前のB社でのスーパーでの実習後に、事務作業も体験してみたい、ということでC社の実習を受けましたね。
 
Aそうでしたね。
 
スタッフ実際に事務作業を体験してみて想像と違いましたか?
 
A違いましたね。やりたいっていう気持ちはあるんですけど、働くとなるといろんなものが要求されるので…・。パソコンを(仕事で)やるってなったら何が自分にできるんだろうなって。パソコンでただ文字を打てればいいってものじゃないし、それ以外にも仕事を頼まれますし。本当は僕も皆さんと同じように事務(職)に就ければいいなって思いましたけど、僕の能力じゃ難しいのかなぁって。働くってなると配慮してほしいことが(たくさん)あるし。
 
<実習を振り返って>
スタッフ実習に5か所ほど行きましたけど、振り返ってみてどうでしたか?
 
Aリボンで作業でするのとは違いました。
A社(OA機器のクリーニング)では支援学校の卒業生が多くいてコミュニケーションもたくさんとれて楽しかったです。B社(スーパーでの実習)はどちらかというと肉体労働でした。飲み物を運んだり、在庫を出したり…。2週間でしたね。
 
スタッフA様にとってB社での実習はどうでしたか?
 
Aやっぱりお客様のために働くってことがよかったなって、A社とはまた全然違うなって思いました。
 
スタッフそれってやっぱりA社の実習にも参加したからこそわかることですよね。
 
Aそうですね。
 
スタッフC社での実習はさきほども話していましたね。
 
Aはい。
 
スタッフD社(運送会社)はどうでしたか
 
Aダンボールをつぶしたり…まさに肉体労働でした。
 
<就職するにあたって>
スタッフ:これから働くにあたって意気込みや目標があったら教えてください
 
A今度は実習のときみたいに物をなくさないように、持ち物管理をしっかりしたいです
あとは休まないようになるべく毎日しっかり行けたらいいなと思います。
 
*実習中、名札を紛失した経験がありました
 
 
************************
 
 
A様とこれまでの実習を振り返ってみて、改めていろんなことがあったと感じました。
 
今回最終的に就職に至った企業様の業務内容は、A様が当初から希望されていた作業系の業務に近いもので、実習を通して「ぜひやってみたい」と話されていたのが印象的でした。
 
A様が自分にとって「働いてみたい」と感じるお仕事に至るまでは決してスムーズな道のりではありませんでしたが、時間をかけて検討できた分、ご本人様の様々な経験や考えを踏まえて希望の仕事内容・就職先に就くことができたのだと感じます。
 
そんなA様は今月から新しい環境で働いております。いつも礼儀正しく、元気にスタッフに挨拶をしてくれていたのが懐かしいです。
 
新しい環境でも元気に働いて活躍されるよう、スタッフ一同応援しています!
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい
 
上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988  FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510  FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相談支援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151  FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------
 
 
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る