本文へ移動

Official Blog

インタビューをしてみました! パート2

2021-07-12
カテゴリ:リボン利用者様,リボン本八幡駅前校
オススメ
インタビューをしてみました! パート2
こんにちは。リボン本八幡駅前校でお世話になっているOです。今回は、私たちの体力向上に欠かせない「基礎体力」の授業を担当していただいているI講師を紹介します。明るく元気なI講師の人柄が伝われば幸いです。よろしくお願いします。


「基礎体力」の授業を通じて目標に向かって邁進する皆さんを支援します
「職場見学でこの施設を訪れた際に、職員と利用者の方が楽しそうにコミュニケーションを取っている姿を見て、私もここで障害のある人たちを支えていきたいと思ったんです」—―そう話すのは、2019年12月よりリボン本八幡駅前校に勤務するI講師。運動が得意な女性講師で、「基礎体力」の授業を担当している。
「基礎体力」の授業では、ヨガやティラピスを取り入れた体操を行ったり、音楽に合わせて振付を行ったりするなど、利用者が体を動かすプログラムを実践している。利用者は週に一度の「基礎体力」の授業を通じて、就職活動はもちろん、就職後の生活をスムーズに行うための体力を身に着けていく。
授業の中でどのようなことをするか、その内容を決めるのはI講師の役割だ。利用者の興味を少しでも引き付けられるよう、インターネットの書き込みや動画などにアンテナを張り、利用者が楽しみながら体を動かせるよう意識してプログラムを構築しているという。
「利用者と一口に言っても片手が不自由だったり、足が動かしづらかったりと、できることはそれぞれ違います。体が不自由な方でも実践できる動きを検討し、全員が安心して参加できるよう工夫しています」
 以前はスポーツインストラクターをしていたという経歴を持つI講師。授業中は一人ひとりの動きに目を配って積極的にコミュニケーションを取り、ちゃんと体を動かせているか、体調に変化はないかを確認しながら怪我無く安全に運動できるよう取り組んでいる。その甲斐あって、「基礎体力」の授業では、プログラムに参加する利用者たちの笑顔を頻繁に見ることがきる。
「実際に利用者の皆さんと接してみて気づいたのが、私が考えていた以上に目標を明確に持っていることです。例えば以前担当したある利用者の方は『就職して初任給でいつも助けてくれる家族にプレゼントをしたい』と語ってくれました。そんな利用者の方の力になれるよう、授業や日々のコミュニケーションを通じて支援させていただければと思っています」
「いつかは職員と利用者が力を合わせて何かを作ってみたいですね」と笑顔で語るI講師。利用者と力を合わせて作った作品を見られる日も遠くはないのかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相談支援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151 FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------

株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る