本文へ移動

Official Blog

採用に至るまでの道のり

2021-10-08
カテゴリ:リボン利用者様,リボン葛西駅前校,卒業
注目
採用に至るまでの道のり
 この度、リボン葛西駅前校を卒業することになりましたSです。私の障害は左片麻痺で左の手足がほとんど動きません。リボンは2年半の間利用しています。私が今回採用に至るまでの道のり、気持ちの変化をお話ししたいと思います。
 リボンを利用するのは2回目となります。前回就職した企業さんは事務職の人員を整理するという事で、私が対象となり退職しました。当時10時~15時までの勤務時間で働いていました。以前とは全く違う職種だったこともありモチベーションもあがらず。「嫌だなあ」と思い仕事に従事していました。今思えばそんな気持ちが企業さんに見透かされていたんだと思います。そんな経験から今回は本当にやりたい仕事に就こうと思い再度リボンを利用しはじめました。
 利用当初は頑なにやりたい仕事のIT関係の仕事ばかり探していました。何社か気になった求人に応募しましたが、面接にすらお誘いが来ない状態が続き、新型コロナウイルス感染拡大と重なって悶々とした日々を過ごしていました。そんなある日、担当スタッフから「事務補助の実習があるけど行ってみないか」と言われたので行く事にしました。実習では障害を持ってからできないと思い避けていた両手を使う作業をやってみたらできました。その経験から、わたしの気持ちが前向きになり「できないと思ってもやってみよう」と思うようになりました。そんな中、事務職も視野に入れ何社か応募しました。面接まで行く事は出来ましたが、不採用が続きました。心が折れそうになりましたが、なんとか気持ちを奮い立たせ、「事務職でできる事をもっと増やそう」と思い三つ折りの練習を始めました。やはり最初は全然うまく折れず、インターネットで三つ折りの折り方調べました。できそうな方法を何個か試してもうまくいかず、今度は自助具を使った方法を見つけたので、自助具を担当スタッフと一緒に制作しました。それを使って練習しましたが微妙にうまく折れず、担当スタッフと一緒に試行錯誤しながら練習しました。そしてついにきれいに三つ折りが折れるようになりました。これが自信になり事務職でも大丈夫と思うようになりました。
 そんなある日、担当スタッフから在宅勤務の事務職の求人を提案されました。そしてその企業さんに応募することにしました。すぐ応募書類を作り送付し、面接のお誘いを頂きました。今回の面接はGoogle meetを使ったオンライン面接でした。オンライン面接には多少の不安がありましたが無事に終わり、数日後に採用の連絡が来ました。
昨今の情勢でオンライン面接をする企業さんが増えていますので、ビデオ会議アプリの使用方法を覚えておくといいでしょう。そして諦めずに頑張れば明るい未来はきっと来ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151 FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る