本文へ移動

Official Blog

卒業

2021-11-08
カテゴリ:リボン利用者様,リボン葛西駅前校,卒業
チェック
卒業
 この度、無事就職が決まり、リボン葛西駅前校を卒業することになりましたTです。

 私は、3年前に脳出血を発症し、右片麻痺(上下肢)と失語症が残存しました。さらに、2年前にリボンに通いだしてすぐの頃、朝一で行うバイタルチェックでスタッフが不整脈の多さに気が付き、受診し、非持続性心室頻拍との診断を受けました。即手術を行い、その1週間後にはICD(ペースメーカー)を入れました。
 そんなこんなで、リボンは二の次になってしまい、就職に向けて深く考えていませんでした。しかも通所の頻度や参加する授業は生意気にも自分で必要性を判断し、1年半は半日×週3日というペースを頑なに貫いていました。(途中、コロナで通えない期間も長くあったせいもありました。)今年の4月にスタッフから「いつから就職に向けて1日通して通われますか!?」と改めて言われて覚悟を決め、毎週火曜日行っていた「地域活動支援センター」は辞め、水曜日のデイサービスだけ残し、週4日10:00-15:00に切り替えました。(10月から水曜日のデイサービスも辞め、今では週5日、9:30‐16:30です。)最初はつらかったですが、スタッフの「慣れる」という言葉を信じる事で続ける事ができました。
 同時に就職活動も始めました。そんな中、10社位の中で1社、唯一面接、実習の機会を頂きました。面談の際には“柔軟な対応が出来る人”と言って頂き、将来的には判断業務も考慮して頂けるとの話で、大変光栄に思っています。
 周りは私のことを「変わった」とよく言ってくれますが、変わったかどうかは自分にはわかりません。今、振り返ると『「合理的配慮」=左手1本でも何かができる』を知ったから、頑なな自分の意見も変更できたと感じます。
 失語症で思ったことが言えない私の代わりにすべての面接で一生懸命フォローしてくれたリボンスタッフのTさん、就職に向けてあまり深く考えていなかった時期に私に耳を貸していただいた地域活動支援センターMさん、当時担当して頂いたリボンスタッフのOさん、リボンやデイサービスの楽しさを教えてくれたNさん、Yさん、その他のスタッフや利用者の皆さんのお陰でここまでこぎつける事が出来ました。ありがとうございました!!私はまだ仕事の内容がどうのと言っている場合ではなく、まず通勤、それから9:00‐16:30の就業時間に耐えられるかが課題だと思っています。これからも頑張っていきます!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151 FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る