本文へ移動

Official Blog

リボンで学んだ事

2021-11-12
カテゴリ:リボン本八幡駅前校,卒業
オススメ
リボンで学んだ事
 この度、無事に就職が決まり、リボン本八幡駅前校を卒業することになりましたTです。
私は、脳性麻痺による両下肢機能の障害を持っています(両変形性足関節症)。

 通所を始めたばかりの頃は、他人とうまくコミュニケーションを取ることや、授業の時に自分から発表・発言する事が出来ませんでした。けれども、授業の中で報連相のコツや、伝える時のコツについて学び、個別トレーニングの時にも、職員の方からアドバイスをいただきながらやっていくうちに、報連相や、分からない時はすぐに相談するという事が大事だと学びました。
そうすると自分も相手も安心するという事が分かってからは、自信がついたと思います。
報連相ができるようになり、分からない事があった時にすぐ聞けるようになったら、話す事は恥ずかしくない事だと思い、授業の中でも自信がついたので、自分から発表や発言をする事ができるようになりました。

 また、郵便物・封筒・書類の仕分け、清掃、ピッキング、ファイリング、物品注文書作成、データ入力などのパソコン訓練など、様々な訓練に取り組み、得意な仕分け作業では、200~300枚の書類の仕分けを30分ほどでミスなく終わらせる事ができるようになりました。

 リボンに通って良かったと思う所は、他の人たちとの年齢がバラバラなので、色々なお話ができ、新しい知識を得る事ができた所です。
お世話になった職員の皆様、ありがとうございました。

 今までお仕事をした事がなく、体力的に重い物を持って運ぶ事などは苦手、品出しや商品整理、接客は難しいと思っていましたが、店舗での実習を経験させていただいたら、品出しは台車を使う、商品整理はフックなどを使う、接客はもし自分で分からない時はお客様に「少々お待ちください」と伝えた後にスタッフの方に伝えて案内をしていただく、分からない事があっても質問ができるなど、配慮をしていただきながら、安心して楽しくお仕事ができると思いました。

 これからは、お客様の事を考えながら、そしてお店のルールを守りながら、自分なりに工夫をして、分からない事があった時にはきちんと質問をして、楽しみながらお仕事を頑張りたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151 FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る