本文へ移動

Official Blog

GO TO THE 飯田橋!

2022-05-13
カテゴリ:面接会,リボン利用者様,リボン葛西駅前校
チェック
GO TO THE 飯田橋!
 お久しぶりです、kです。前回のブログから6ヶ月、リボン葛西駅前校にお世話になって早半年が経ち、日々就職に向けて訓練中です。日頃の成果を試すべく実践の場を得るために東京しごと財団の実習面談会に勉強しに行かせて頂きました。
実習といっても相手は企業さんであり、面談会には希望者も多く、面接もあります。
担当者曰く、申し込みが受理されることすら狭き門だという事でありますが、リボンの担当者様の日頃の行い故か、実習参加の為の面談会に参加させて頂きました。面談会に向けリボンカリキュラムも一変して、面接での問答や立ち居振舞い、プロフィールカードの作成、自身の病状把握・リボンの説明等、リボンの先生方との面接の練習を重ねて自分自身の状態を浮き彫りにするかのような作業を詰め込みました。意外と知らなかった自分の事を面接の練習で先生方に説明をするのは緊張するし難しかったです。回数をこなして慣れておきたいところですがタイムオーバー。面談対応に不安を残しつつ面談日となりました。
 さて、面談会ですが、集団面接の形をとっており、大きな会場に各社が、ブースを設けて2.3人の面接官と面接をして頂きます。個人的には面接というよりも、説明会の要素が強いように感じました。
 面接官の会社説明会の合間にジャブのように私の病状についての質問を受けました。リボンでの訓練通りに受けることができ、10分ほどで面談時間が終わり帰途に着きました。
面接と聞いて緊張していた私ですが、慌て気味に過ごした準備期間にしては、質問時間が少なかった事もあり出来は6~7割程の高得点と自負しております。リボンでの練習の際にも言われていましたが、企業側は私の現状を知るための質問であり、自分の病状把握の大切さを実感しました。さて、結果や如何に?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい
 
上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988  FAX:03-5659-0989 
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510  FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151  FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る