本文へ移動

Official Blog

RSS(別ウィンドウで開きます) 

統合失調症と向き合う(前編)

2018-10-01
カテゴリ:リボン利用者様
 こんにちは!リボンのブログを読んでくださっている皆さん。わたしは今年の7月中旬からここに通い始めましたネコと申します。

 わたしの障害は統合失調症です。15歳から症状が出始め、頭の中で声が聞こえるようになり、さまざまな妄想にとりつかれるようになりました。そんな生活の中で、どうにかこの声や妄想から逃れたい一心で、みずからの頭をたたく、という行為を習慣とさせてしまっていました。
 
 私自身にとって、最大の問題は「働くことができない」ということでした。どんなにまじめに働くことに向き合っても、日々続く幻聴を聞きながらの労働と、毎晩の不眠症に耐えられず、いつも結局は仕事をやめ、自堕落な生活へと戻っていってしまいます。人生に指針がもてない、一日の予定がない、収入がない、人間関係がもてない。それは10代、20代の頃の私を非常に苦しめました。働こうにも働けないというジレンマにより、長年にわたって、
自分を叩く、また、カッターナイフで切りつけるなどの自傷行為はエスカレートするのみでした。
 
 そんな中、親の援助や、障害年金などを使い、1人暮らしをしていた頃の二年間で自殺未遂をくりかえし、私の体はボロボロでした。

 実家に戻ろうと、家族が受け入れてくれたその頃、一頭の犬と出会いました。実家に来て一年の仔犬でした。わたしは自分のことには希望を持てずにいたけれど、「この仔のために!」と気を取り直し、毎日のお世話に没頭することになります。わたしが変わり始め、元気を取り戻すきっかけになった出来事でした。
 
 リボンに来るまで、他にもいろいろな事がありました。うまくいったことも、また、うまくいかない、失敗の出来事もたくさんありました。大好きな飼い犬が死んでしまう、という困難もありました。しかし、それを期に社会に復帰しようと、病院に戻るきっかけとなりました。強い筋肉注射を打ってもらって、物凄い副作用に苦しみました。その後はそれが落ち着いてきたあたりでアルバイトに就くことができ、その生活は二年間続き、はじめて就労して生活し、人間関係を得て収入を得る、という子供のころからの夢を叶えました。
(次回へ続きます)
 
※ご利用者様の文章を、そのまま掲載させて頂いております。

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
-------------------------------------------------------
 

    毎年恒例

    2018-09-26
    カテゴリ:総合リハビリ研究所

    先日、総合リハビリ研究所職員とリボン職員の合同BBQが行われました!

    毎年恒例のBBQ、普段なかなかじっくり話すことの出来ない方々と話しながら、美味しいBBQを食べられることが魅力です。家族参加出来るので、職員のお子様方がたくさん参加されます。

     

    昨年は素手でスイカ割りなんていう珍事件も発生致しましたが(過去記事はコチラ)今年は急激に冷えたこともあり、スイカ割りではなくマシュマロ焼きを楽しみました。勿論子どもたち優先で…なのですが、お腹がいっぱいになった子どもたちは早々に遊び始め…最後までマシュマロを焼いていたのは職員でした。(焼いたマシュマロをクラッカーで挟んで食べる…本当に美味しいんです!)

     

    総合リハビリ研究所の根拠法は介護保険や医療保険、リボンの根拠法は障害者総合支援法。同じ福祉の業界とは言え、提供するサービスも、根拠となる法律も違います。こうした交流の機会は、お互いの仕事を知る良い機会になりますし、より連携を取りやすくなるのです。

     

    これからもグループ全体で、ご利用者様を支援していけたらと思います。

     


    【この記事に関するお問合せ】----------------------
    株式会社 リボン
    事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
    ■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
    〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
    TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
    ■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
    〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
    TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
    ■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
    〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
    TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
    -------------------------------------------------------

      ドリカムプロジェクト~芸術をエネルギーに生きる~

      2018-09-21
      カテゴリ:ドリカムプロジェクト
      オススメ

      幼いころから芸術を愛し、たくさんの絵を描き続けてきたS様。いつかパリに行きたいという夢をお持ちとうかがい、私たちがS様にできることを探すためのスモールステップとして近隣への外出で絵を描くお手伝いをさせていただくことになりました。


      S様のご希望で出向いたのは都内にあるイタリア公園。「日本におけるイタリア2001」を記念し同国から日本に寄贈されたイタリア式の庭園で、園内はイタリア式の彫刻や噴水が印象的です。


      今はハガキサイズほどの絵を1枚仕上げることに2日ほどかかるそうで、今回は像の写真を撮りご自宅でゆっくり描いていただくことになりました。一体一体じっと観察されお気に入りの像を探され「これが良い」とご指名のあった像にどこが良いのかうかがうと「顔が優しい」「骨が出てるけどお腹も出ている」と芸術を愛するS様ならではの視点で作品の素晴らしさ伝えてくださいました。


      人もまばらで公園としての華やかさを求めると、もしかしたら楽しんでもらえないのではという私たちの心配をよそに、こじんまりとした空間の中に詰まったイタリア芸術を堪能してくださっていたようでした。芸術はS様にとって深い意味があるものであり、人が大切にする思いや価値は多様であると改めて感じたドリカムプロジェクトでした。


      そして「行動できない言い訳はいくらでもある」と自費出版の本の中で書かれていたS様の行動力に強く生きていくエネルギーをいただいた1日となりました。
      S様ありがとうございました。

       

      ドリカムプロジェクト

       

      ※写真はご本人様の許可を得て、そのまま掲載させて頂いております。

       

      【この記事に関するお問合せ】----------------------
      株式会社 リボン
      事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
      ■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
      〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
      TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
      ■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
      〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
      TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
      ■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
      〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
      TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
      -------------------------------------------------------

       

        リボンでの針・鍼灸体験

        2018-09-18
        カテゴリ:リボン利用者様
        就労移行支援事業所リボンのグループ会社に訪問マッサージ部門があります。
        先日、訪問マッサージ部門から西平さんと小関さんにお越しいただき、ご利用者様に鍼灸・、マッサージを体験していただきました。
         
         
        今回、機会があって鍼灸治療を受けることが出来ました。
        過去に何度か他で受けたことはあったので、鍼を打つということにそれほど抵抗はありませんでしたが、
        正直、過去にやったものでそれほど大きく体調が変化したと言う実感がなかったため、さほど大きな期待はしていませんでした。
         
        施術していただく前に体の不調について聞かれました。少し質問に対する方向性が違ったかもしれませんが、
        普段から悩んでいた為、めまいがあることを伝えた所、全身を整える感じの治療をしていただけることになりました。
         
        過去にやった針治療の中には鍼灸師さんのやり方との相性もあってか打つときに痛みを感じるものもありました。
        しかし今回は施術されている最中に眠気を感じ始めていたほどで、あまり強く痛みを感じてはいませんでした。
        お灸もやっていただきましたが、暖かさを感じる程度で熱くは無く気持ちが良かったです。
         
        終了後起き上がる際に普段より多く頭の中が回っている感覚はありましたが、特に気にせずにいました。
         
        後にスタッフさんと話しをした時にはじめて自分の顔色が良くなっていたことを知り、体が軽くなった感じがしていたので、頭も中が回っているような感覚があったのも含めきっと全身の血行や血流が良くなったからだろうと考えています。
         
        一度受けただけでは一朝一夕にすべてが良くなるものではありませんが、またいつか、機会があったら受けてみると少しは体調不良も改善されるのではないかと思っています。
         
         
        【この記事に関するお問合せ】----------------------
        株式会社 リボン
        事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
        ■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
        〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
        TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
        ■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
        〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
        TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
        ■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
        〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
        TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
        -------------------------------------------------------

          顔が見えないネット社会だからこそ

          2018-09-06
          カテゴリ:リボン利用者様
          うつ病のTです。
          以前、リボンへ通い始めて3ヶ月が経ったころに体調を崩してしまった話をしました。

          実はその時に私が強くやりたいと思ったことがあります。それが「日常的に使用しているSNSのTwitterやコミュニケーションツールであるLINEの、アカウントを消すこと」でした。

          体調が悪い時にアカウントを消したくなると言うと、なぜそんな風に思うのかわからない、と思われる方もいらっしゃると思います。
          私は以前から「主な連絡手段にしているTwitterやLINEのアカウントを消して、音信不通の状態になったら、どうなるんだろう?」という疑問を持っていたのです。音信不通といっても、完全に連絡が取れなくなるという状況ではなく、メールアドレスや電話番号は友人たちに教えた時と変わっていないですし、別の手段で連絡を取る方法もある状況です。そういった状況で、一番連絡をとっている、簡単に接点が持てるTwitterやLINEのアカウントだけ消したら……誰が気にかけてくれるんだろう?私は今誰に気にかけてもらえているんだろうか、アカウントが消えたことに気づく人はいるんだろうか。アカウントを消してもアプリケーション上でお知らせは特に行かないけれど、私に連絡を取ろうとして、アカウントが消えていることに気づく人はどのぐらいいるんだろう、そういうことを考えて、アカウントを消してみたい、と思ったのです。

          体調が悪くなり、精神状況も悪く、誰にも気にかけてもらえていないような気がして、誰かの気を引きたい、気にかけてもらえているのか知りたいという思いが強くなり、私はとうとうTwitterとLINEのアカウントを消しました。消した後はなぜか晴れやかな気持ちで、やってやった、とうとうやってしまったぞ、という不思議な高揚感がありました。

          アカウントを消して初めに来た連絡は、文通をしている友人からのメールでした。普段からTwitterやLINE以外のツールで連絡を取っている人が、真っ先に気づいてくれたのは意外でした。用があったので連絡を取ろうとしたら、アカウントが消えていてびっくりしたと言われ、ほっとした心地でした。

          その後心が落ち着いてきてから、アカウントを再度習得し、友人たちに自分から連絡をとりました。気にしていない人もいれば、携帯が変わったことで私のメールアドレスなどが分からず、連絡を取ろうにも取れなかったという人もいて、そうだったのかと満足感を覚える反面、罪悪感も味わいました。

          気分性の障害であるとはいえ、迷惑な行動をしてしまったなという反省をして、友人には体調が悪くてやってしまったこと、もう元気なことを伝えました。
          新しくアカウントを作って、今まで通りのように連絡先を登録し直すことが思っていたよりも大変だったこと、本当に気にかけてくれている人たちを心配させてしまうことを体感して、次からはちゃんと自分の気持ちを言葉にして助けを求めようと思いました。
           
           
          【この記事に関するお問合せ】----------------------
          株式会社 リボン
          事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業・相談支援事業
          ■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
          〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
          TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
          ■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
          〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
          TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
          ■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
          〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-17-3レイグランデ1F
          TEL:047-711-2380 FAX:047-711-3158
          -------------------------------------------------------

            最新ニュース

            最新ニュース

            株式会社 リボン
            〒272-0021
            千葉県千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
            TEL.047-335-6510
            FAX.047-335-6513
            1.就労移行支援事業所
            2.相談支援事業所
            TOPへ戻る