本文へ移動

Official Blog

RSS(別ウィンドウで開きます) 

変わったこととこれからのこと

2021-11-26
カテゴリ:リボン利用者様,リボン本八幡駅前校
注目オススメ
変わったこととこれからのこと
こんにちは。リボン本八幡駅前校に通所しているTと申します。
このような文章を書くことは初めてで、緊張していますが、読んでくださるとうれしいです。

私は、6月ごろからリボンに通い始めました。
自分が通所している病院の先生に就職したいということを話したところ、就労移行支援事業所を勧められたのがきっかけでした。
私は、就労移行支援というものの存在も知らずに、ただ勧められるままにいくつかの事業所の見学や、体験をしました。それぞれ少しずつ違うところがあり、自分に合うか合わないか、設備が整っているかなど、自分なりの基準で見ていきました。
その中でも、リボンの支援員さんは親身になって話を聞いて下さり、この先も力になっていただきたいと思いました。

私は、恥ずかしながら、自分の病名を聞いた時、怖くなってしまい、そこからあまり自分の病気について調べてきませんでした。
ですが、リボンに通い始めて、相談員さんが付いてくれてから、前向きにとらえられるようになり、もっと自分のことについて知りたいと思えるようになりました。
話を聞いてくれて、応援してくれる人がいる事が、自分を少し変えてくれたきっかけになったように感じます。
リボンに通えていることや、応援してくれる人がいることに感謝したいです。

一月からは、初めての実習があります。
新しいスーツを買って、履歴書を作って、どんどん実感がわいてきています。
自分自身、実習や、本格的な就職は初めてで、本当に緊張しています。自分の障害を明かしての就職になるので、わからないことや、難しいこともたくさんあると思いますが、前向きに、自分のペースで頑張ります。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151 FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------

職場復帰に向けて

2021-11-23
カテゴリ:リボン利用者様,リボン葛西駅前校
チェック
職場復帰に向けて
皆様こんにちは!リボン葛西駅前校に通っているKです。
私は現在、職場復帰を目標にリボンで毎日訓練をしています。
私は脳出血を発症し右片麻痺となりました。病気を発症してから約1年10カ月が経ちます。最初は「何でこんな事になってしまったんだ」、と悔やみました。病院を入院から約半年後に退院し、自宅に戻ってからはデイサービスと訪問リハビリを週2日ずつ行いました。なかなか良くなりませんが今年の8月まで継続的に頑張りました。リボンは今年の3月から週2回で通っていました。8月でデイサービスと訪問リハビリを終了し、9月からは復職に向けてリボンでの活動がメインとなりました。10月からは復職の条件を達成するため、9時から17時までを週5日で通えるように練習してきました。復職に向けてパソコンのスキルアップが大きな課題で、最初は上手に打てませんでしたが、少しずつ打てるようになって来ています。その他にも仕分けの練習や、他の利用者さんと作るリボン新聞の編集長の仕事を任され取り組みました。リボン新聞は納期があるので間に合うよう調整するのが大変でした。また、メールでのコミュニケーション練習も行ってきました。高次脳機能障害の影響で言葉が上手く出せないようになってしまいましたが、これも少しずつですが良くなって来ています。
この度12月からリハビリ復職をすることとなりました。リハビリ復職とは、ある一定の期間(今回は3か月間)を就労できるかを試してみて、問題ないかを判断する仕組みです。
リハビリ復職では、通勤が普通にできミスなくパソコンが打てるように取り組み、コミュニケーションを円滑に取れるようになり、来年3月には復職できるようにしたいです。
これからも頑張っていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151 FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------

リボンで学んだ事

2021-11-12
カテゴリ:リボン本八幡駅前校,卒業
オススメ
リボンで学んだ事
 この度、無事に就職が決まり、リボン本八幡駅前校を卒業することになりましたTです。
私は、脳性麻痺による両下肢機能の障害を持っています(両変形性足関節症)。

 通所を始めたばかりの頃は、他人とうまくコミュニケーションを取ることや、授業の時に自分から発表・発言する事が出来ませんでした。けれども、授業の中で報連相のコツや、伝える時のコツについて学び、個別トレーニングの時にも、職員の方からアドバイスをいただきながらやっていくうちに、報連相や、分からない時はすぐに相談するという事が大事だと学びました。
そうすると自分も相手も安心するという事が分かってからは、自信がついたと思います。
報連相ができるようになり、分からない事があった時にすぐ聞けるようになったら、話す事は恥ずかしくない事だと思い、授業の中でも自信がついたので、自分から発表や発言をする事ができるようになりました。

 また、郵便物・封筒・書類の仕分け、清掃、ピッキング、ファイリング、物品注文書作成、データ入力などのパソコン訓練など、様々な訓練に取り組み、得意な仕分け作業では、200~300枚の書類の仕分けを30分ほどでミスなく終わらせる事ができるようになりました。

 リボンに通って良かったと思う所は、他の人たちとの年齢がバラバラなので、色々なお話ができ、新しい知識を得る事ができた所です。
お世話になった職員の皆様、ありがとうございました。

 今までお仕事をした事がなく、体力的に重い物を持って運ぶ事などは苦手、品出しや商品整理、接客は難しいと思っていましたが、店舗での実習を経験させていただいたら、品出しは台車を使う、商品整理はフックなどを使う、接客はもし自分で分からない時はお客様に「少々お待ちください」と伝えた後にスタッフの方に伝えて案内をしていただく、分からない事があっても質問ができるなど、配慮をしていただきながら、安心して楽しくお仕事ができると思いました。

 これからは、お客様の事を考えながら、そしてお店のルールを守りながら、自分なりに工夫をして、分からない事があった時にはきちんと質問をして、楽しみながらお仕事を頑張りたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151 FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------

卒業

2021-11-08
カテゴリ:リボン利用者様,リボン葛西駅前校,卒業
チェック
卒業
 この度、無事就職が決まり、リボン葛西駅前校を卒業することになりましたTです。

 私は、3年前に脳出血を発症し、右片麻痺(上下肢)と失語症が残存しました。さらに、2年前にリボンに通いだしてすぐの頃、朝一で行うバイタルチェックでスタッフが不整脈の多さに気が付き、受診し、非持続性心室頻拍との診断を受けました。即手術を行い、その1週間後にはICD(ペースメーカー)を入れました。
 そんなこんなで、リボンは二の次になってしまい、就職に向けて深く考えていませんでした。しかも通所の頻度や参加する授業は生意気にも自分で必要性を判断し、1年半は半日×週3日というペースを頑なに貫いていました。(途中、コロナで通えない期間も長くあったせいもありました。)今年の4月にスタッフから「いつから就職に向けて1日通して通われますか!?」と改めて言われて覚悟を決め、毎週火曜日行っていた「地域活動支援センター」は辞め、水曜日のデイサービスだけ残し、週4日10:00-15:00に切り替えました。(10月から水曜日のデイサービスも辞め、今では週5日、9:30‐16:30です。)最初はつらかったですが、スタッフの「慣れる」という言葉を信じる事で続ける事ができました。
 同時に就職活動も始めました。そんな中、10社位の中で1社、唯一面接、実習の機会を頂きました。面談の際には“柔軟な対応が出来る人”と言って頂き、将来的には判断業務も考慮して頂けるとの話で、大変光栄に思っています。
 周りは私のことを「変わった」とよく言ってくれますが、変わったかどうかは自分にはわかりません。今、振り返ると『「合理的配慮」=左手1本でも何かができる』を知ったから、頑なな自分の意見も変更できたと感じます。
 失語症で思ったことが言えない私の代わりにすべての面接で一生懸命フォローしてくれたリボンスタッフのTさん、就職に向けてあまり深く考えていなかった時期に私に耳を貸していただいた地域活動支援センターMさん、当時担当して頂いたリボンスタッフのOさん、リボンやデイサービスの楽しさを教えてくれたNさん、Yさん、その他のスタッフや利用者の皆さんのお陰でここまでこぎつける事が出来ました。ありがとうございました!!私はまだ仕事の内容がどうのと言っている場合ではなく、まず通勤、それから9:00‐16:30の就業時間に耐えられるかが課題だと思っています。これからも頑張っていきます!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151 FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------

リボンに通所してみて

2021-10-28
カテゴリ:リボン利用者様,リボン本八幡駅前校
注目オススメ
リボンに通所してみて
 こんにちは。私は、今年9月からリボン本八幡駅前校でお世話になっている利用者です。
リボンの支援員の方々のお陰があり、もうすぐで利用者になってから2か月経つ頃です。さて今回、初めてブログを書かせて頂きます。私にとりまして生まれて初めてのブログでもあります。拙い文章ですが、最後までお読み頂けましたら幸いでございます。

 まず、私のことで恐縮ですが、私は最近になって自分自身が障がい者だとわかりました。最近といいましても障がい者だとわかってから、もう少しで1年くらい経ちます。以前は一般雇用で同じ企業に長年に渡り、勤めておりました。しかし、この勤め先の倉庫が閉鎖になり、会社都合でほとんどの方が解雇になったのです。そして、失業者になってしまいました。
 今、思えばこうして失業者にならなければ、まだ私自身が障がい者だとわからなかったかもしれません。(私は、発達障がい者で、自閉症スペクトラムと注意欠陥多動性障害=ADHD
〔ご存じの方もおられるとは思いますが、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略です。〕という障がいをもっています。)

 私は、9月からリボン本八幡駅前校を利用させて頂いていますが、支援員の方全員が、とてもお優しいお人柄で、わからないことや何かお聞きしたいことがある場合に気軽に話しかけることが出来るのが良いです。支援員の方々は、本当に熱心に私達利用者を支援して下さっています。
 リボンでの授業では、ビジネスマナー、パソコン講座、SST(ソーシャルスキルトレーニング〔社会生活技能訓練〕)、就職実践講座、基礎体力講座、ディスカッション、生活講座、企業研究があります。授業の講師は、支援員の方々です。(パソコン講座は、パソコンレベルは皆さん各々違いますが、リボンでは、そこのところは心配御無用です!)今は、半日通所で、午前に通所する場合には午後に自宅で個別課題を行い、午後に通所する場合には午前に自宅で個別課題を行います。社会経験のある方、ない方、どなたにもためになる授業内容です。
 私自身、リボンに通所してみて思ったことは、感染対策がきちんとしていること、事業所の雰囲気が静かで良いということ、そして上記にもお知らせしました通り支援員の方全員がお優しく、利用者の話をよく聞いて下さいます。ですから、安心して通所できますよ。
私は、就職してから周りに御迷惑をお掛けしないように自分の欠点で直せる部分は直したいので、支援員の方々にご指摘頂き、頑張って直していきたいと思います。

 RE-BORN(リボン)とは、ご存じのとおり英語で生まれ変わること、再生、復活を意味します。RE-BORN(リボン)で、貴方も生まれ変わってみませんか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい

上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター市川〈相談支援〉
〒272-0021 市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-711-3151 FAX:047-335-6513
-----------------------------------------------------

株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る