本文へ移動

Official Blog

RSS(別ウィンドウで開きます) 

A様のリボン体験記

2020-07-23
カテゴリ:リボン利用者様,リボン卒業生
A様のリボン体験記(リボン葛西駅前校を利用し、元の職場へ復職)
2020年6月より復職。A様復職おめでとうございます。
 
今回はA様のリボン開始時から復職までの道のりをご紹介したいと思います。
 
●A様の紹介
A様は約3年前、脳出血により片麻痺と高次脳機能障害という障害を患いました。症状としては記憶力の低下により、話の内容を数分後には忘れてしまうことや、処理速度の低下により、話す言葉が人の倍以上かかって発語されていました。また左半側空間無視や注意機能の低下により、左側の見落としが見られていました。
※高次脳機能障害は目には見えない障害になりますが、ご本人も理解が低い場合があります。
 
●リボンのご利用まで
A様はご病気になるまで、システムエンジニアとして、大手会社の管理職を務めていらっしゃいました。ご病気になり、先ほどのご紹介のように大きな障害が残りましたが、ご本人は元の仕事ができると周囲に話をされていました。心配されたご家族様が地域活動支援センターへ相談しリボンの紹介を受けたそうです。
 
●リボンでの活動
初めはご本人がご自身の病気の認識が低い状況でしたので、簡単な事務的仕事を依頼しました。「こんなに簡単なことができないなんて」と課題を取り組む中で、少しずつ自分の感覚がずれている事に気が付き、ご自身の課題を自分で解決しようと取り組まれるようになりました。初めは「こんな場所には来たくないと思っていた」と後で伺いました。
 
●復職される前
復職前には会社様より復職プログラムを実施すると伺っていました。復職プログラムでは通勤が安全に出来るか、時間通りに行動できるかという課題がありました。A様の会社様へはA様の足では電車・バスを利用して片道2時間もかかりました。
A様は左半側空間無視もありますので改札など人混みでは、左側から来る人は目の前に近づくまで気が付きませんので、接触での転倒の危険もありました。また、掲示板や表示物の見落としも多く、適切なホームに向かえなかったり、反対方向の電車に乗ろうとしたり課題がありました。
そんなA様ですが、「一度失敗したことは繰り返さない」とよく話して下さっており、繰り返し練習し、改善されていきました。まだ課題はありますが、今回見事に復職プログラムをパスされ、元の役職での復職が決まりました。
 
●おわりに
A様が大きな障害を患いましたが、元の仕事に戻ることが出来たのは、ご本人の復職への意思がしっかりされていたこと、更にご家族のサポートもあったことが、大変な道のりを乗り越えられたのだと思います。
 
●定着支援
復職はされましたが、実際のお仕事の場では悩みや課題も出てくると思います。リボンでは、復職後もサポートが可能な「定着支援」を行っています。長く勤めていただけるよう支援をさせていただければと思います。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
就労移行支援事業所リボンでは、相談や見学、体験を随時行っております。
・就労移行とはどんなところ?
・誰でも利用できるの?
・上手く就職活動ができない、どのように進めたらいいかわからない
・障害があっても一般企業に就職したい
 
上記以外にも悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 【この記事に関するお問合せ】----------------------
株式会社 リボン
事業内容:社会参加支援事業・ADL評価モデル講師・就労移行支援事業
就労定着支援事業所・相談支援事業
■就労移行支援事業所リボン〈葛西駅前校〉
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-33-14 サクマビル3F
TEL:03-5659-0988 FAX:03-5659-0989 
■就労移行支援事業所リボン〈本八幡駅前校〉
〒272-0021  市川市八幡2-16-15本八幡駅西口ビル501号
TEL:047-335-6510 FAX:047-335-6513
■リボン相談支援センター浦安〈相 談 支 援〉
〒279-0002 千葉県浦安市北栄3-9-13 貴富ビル2F
TEL:047-711-3151 FAX:047-711-3158
-----------------------------------------------------

雨降って地固まる

2020-07-17
カテゴリ:就職活動,リボン利用者様
 今日は初めての面接日でした。
曇り空が垂れ込めていましたが、時折陽射しも混じるそんな日和でした。
正直、自分が面接を受ける日が来ることはリボンへ通所するまで想像もしていませんでした。
それはそうなのですが、予め志望する会社の実習を受けていたので、面接はとてもやりやすかったです。
なぜかというと、私の受けた会社は実習のときに担当してくれた社員の方が面接官としていらっしゃったからです。
 初めは緊張で表情も強張っていましたが、徐々に和らいでいくのが判りました。
緊張は、やはり初めての面接ということもあったのでしょうか。
ですが、実習時に関わった方がいらっしゃるということは大きな利点です。
面接官の方からの質問に、少しずつ、あの日どんな内容の実習を行い、そのときに自分はどう思ったか。あの日の通勤はどんな感じだったか。まわりの社員の方はどうだったか。自分が受けた実習の内容を思い返しながら、面接時にフィードバックすることができました。
そうやって、面接官の方に、たどたどしくではありますが、答えることができたのです。
まだ合否は出ていないのですが、いつも前向きに考えていようと思います。
上手くいかなかったら、次はこうしてみよう。今度はこういうアプローチでやってみよう。
 これは自分に言い聞かせているのですが、「でも、上手くいかなくてもいい」
人はみんな完璧ではないし、「これといったらこれ」というものはないと思います。
ただ、人と人との縁や関わりを大事にあたためていれば、失敗しても周りの方たちに助けていただけることもきっとあると思います。そして、自分もなにかの形で誰かの力になれれば、私は最高だなあと思うのです。
 私は、なにかの縁で実習ができ、なにかの縁で面接を受けられたことが、夢のようにうれしく思いました。
 そして、なんだかその夢に自分の将来が見えるような気がしました…。

コロナに関する案件について

2020-07-10
重要
コロナに関する案件につきまして撤回文章が届きました。
以下ご確認ください。

私の実習日誌

2020-07-10
カテゴリ:リボン利用者様
先日、ある会社へ実習に行って参りました。
コロナも未だ一進一退の状況で、増して梅雨時季に実習を受けるとは考えてもいませんでした。
 実習は急に決まったので、まだ自分の心は定まっておらず、宙に浮いているような状態でした。できるかな?大丈夫かな?周りにご迷惑をおかけしないかな…そんなことばかり頭の中を駆け巡っていました。
 実習1日目。
朝6時起床。準備をし、朝食を摂る。リボンに通所しているときは、もう少しゆっくりめの支度が、9時始まりの実習にはまだ慣れないと感じました。
某駅で支援員さんと待ち合わせして会社に行きます。
当初の「できるかな、大丈夫かな」は、そのときは消えていました。
とにかく、その日一日の実習に注力することを考えるようになったのだと思います。
 この日はスキャン作業など、作業の詳細はうまく説明できないのですが、障害のある方と4人チームで作業を行いました。
初めての実習と初めて見る環境に再び不安が混じります。
ですが、作業を行ううちに、チームとなった皆さんがとても親切に丁寧に教えてくださったことや、「疲れてない?…ちょっと休憩入れましょう」といったあたたかい言葉や接してくださる姿に、思わずほっこりしてしまいました。
 実習2日目。
朝6時起床。準備をし、朝食を摂る。きょうはリボンの支援員さんは一緒ではありません。
心細さがぐっと増します。小雨がぱらついてきました。
 会社に5分前に着き、慌てて社員の方へ報告に行きました。
社員の方に教えていただきながら清掃を行います。熱帯魚のエサやりが個人的には楽しかったです。その後、午前はパソコン。午後は仕分けなどの軽作業を行いました。
 私の2日間の実習日誌…みんな同じように人を気遣い、そして自分も気遣う。
自分を気遣うということは人の気遣いに気がつくことだと思います。
私はこの実習で、「みんなで支えあうこと」を学んだような気がしました…。

草むしり

2020-07-03
カテゴリ:リボン利用者様
紫陽花が綺麗に咲く時期となりました。
しかし、スッキリしない天気が続く梅雨時期、皆様体調くずされていないでしょうか。
雨に降られると外に行くのも面倒になってしまいますが、ふとしたところに綺麗に紫陽花が咲いている時期です。
雨だから出かけないのではなく、梅雨空の下、優しい雨露に濡れてさらに色鮮やかになった青や紫などの紫陽花を見て心を癒しに出てみるのもいかがでしょうか。

さて、スッキリしない天気とは打って変わって梅雨の晴れ間、先日グループ会社である総合リハビリ研究所さんの江戸川サテライトに草むしりで利用者様とお邪魔してきました!
当日は湿気が無くカラッとしており、仕事がはかどる草むしり日和。
生い茂っていた草はだいぶ無くなり、江戸川サテライトの顔でもある事務所前がとてもスッキリしました!
総合リハビリスタッフの皆さんも喜んでくださり、利用者様と達成感を感じることができました。
残念ながらこの日は全ての草をむしることはできなかったのですが、外での作業はとても気持ちが良いですね。
利用者様からも「いくらでもできる」と頼もしいお言葉を聞くことができたので、定期的にお邪魔しようと思っています。

最新ニュース

最新ニュース

株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る