本文へ移動

双極性障害

双極性障害(躁うつ病)とは、躁状態または軽躁状態とうつ状態を繰り返す気分障害に分類される精神疾患です。
 
躁状態または軽躁状態では、気分の高揚、活動性の増加、一日中動いていても疲れを感じないなどの症状が出ます。
うつ状態では、気分の低下、やる気が起きない、一日を通して体のだるさを感じるなどの症状が出ます。
 
以前は主に躁うつ病と呼ばれていましたが、躁状態または軽躁状態とうつ状態の両極端な症状を繰り返すことから、双極性障害と呼ばれるようになりました。
 
 
双極性障害は、躁状態の程度によって二つに分類されています。
・双極I型障害:家庭や仕事に重大な支障をきたす激しい躁状態が起こる
・双極II型障害:本人も周囲の人もそれほど困らない程度の軽躁状態が起こる

双極性障害の原因

ビル
双極性障害の原因は明らかになっていませんが、性格や過労、身体疾患、社会的要因などによるストレスが加わり発症するとされています。
また遺伝的要因の影響が大きいとされており、双極性障害を発症した一卵性双生児(遺伝素質が同じ)の一致率が高いという研究データもあります。

パターン

双極性障害になりやすいタイプにはいくつかのパターンがあることが報告されており、中でも有名なのは、1921年にドイツの精神科医クレッチマーが、人間の体型を四つのタイプ(1.痩せ型、2.肥満型、3.筋骨型、4.発育異常型)に分類し、双極性障害は肥満型に多く、性格は循環気質であるとしたことです。
循環気質には
  1. 人付き合いが良い、親切である、親しみやすい
  2. 朗らかである、ユーモアに富む、激しく興奮しやすい
  3. 物静かである、落ち着きがある、柔和
などがあり、中には陽気で快活な人付き合いの良い型と、孤独で引っ込み思案の型があるとしています。
しかし、双極性障害の病前人格には、循環気質のほかに、思い込みが激しく、頭の切り替えが難しい等の執着性格が重要であることが、下田光造(1950年)によって指摘されています。

特徴

社会での自立に向けて

双極性障害の治療

双極性障害では、最初の病相(うつ状態あるいは躁状態)から、次の病相まで5年ほどの間隔があります。躁やうつが治まっている期間は何の症状もなく健全な状態になりますが、この期間に薬を飲んで治療を続けないと、繰り返し躁状態やうつ状態が再発することがあります。
 
また、躁状態とうつ状態の病相の間隔が短くなる可能性が高くなり、急速交代型(年間に4回以上病相が変わること)になるリスクもあります。急速交代型に近づくと薬も効きにくくなります。
 
双極性障害で繰り返される躁状態の期間とうつ状態の期間を比較すると、うつ状態の期間のほうが長い場合がほとんどです。本人は躁状態や軽躁状態の自覚がない場合が多いので、多くの患者さんはうつ状態になった時に受診されますが、この際に以前の躁状態や軽躁状態のことを医師にうまく伝えられない場合、治療が進まないことがあります。このようなケースで双極性障害が見逃されていることも少なくありません。
 
双極性障害は、うつ状態では死にたくなるなど、症状によって生命の危機をもたらす一方、躁状態ではその言動の結果によって社会的生命を脅かす重大な疾患であると認識されています。
 
双極性障害は決して珍しい病気ではありません。病気の再発を減少させるためにも、予防と治療にとって一番大事なのは「病気であることを自覚すること」です。双極性障害は精神的ストレスによって大きく左右される病気です。患者さん本人と家族が十分に病気を理解することが治療につながります。

双極性障害の方への就職サポートについて

 お問い合わせはこちら
TEL. 047-335-6510
営業時間|9:00~17:30
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
株式会社 リボン
〒272-0021
千葉県千葉県市川市八幡2-16-15 本八幡駅西口ビル501号
TEL.047-335-6510
FAX.047-335-6513
1.就労移行支援事業所
2.相談支援事業所
TOPへ戻る